2009年03月27日

脂質の種類

世田谷、目黒、渋谷を中心に東京&神奈川で活動している「WORK OUT AS.TOKYO 出張パーソナルトレーナー 佐藤 厚志」です。

先日ご紹介したゴルフのフォームが、ヘタクソだと沢山ご指摘を頂いている佐藤ですゴルフ
こっそり練習してうまくなってやるしかないです。。。

今日は少しためになるお話をexclamation

皆さん日ごろの食生活で「脂質」は気になるところですよね?
しかし「脂質」をまったく取らないようにするのも実は良くないって知っていましたか??

皆さんがけむたがる脂肪にも実はこんな役割がありますひらめき

1.身体活動のエネルギー源
2.細胞膜やホルモンの材料となる
3.脂溶性ビタミンの吸収を促進する
(脂溶性ビタミンとは肝臓など体内で貯蓄できるビタミンですexclamation
4.身体の体温を守る

といったように脂肪の働きはとっても重要な要素を持っています。
ただ取りすぎは皆さんのご存知のように、肥満や生活習慣病を招く危険性がありますので要注意ですどんっ(衝撃)

そこでexclamation×2

では脂質の上手な摂取法とはexclamation&question

これが一番というわけではありませんが、一つの参考に聞いてくださいわーい(嬉しい顔)
脂肪には実は大きく2種類あります。

飽和脂肪酸不飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は肉やバターなど動物性の食品に多く含まれます。
俗に言うLDLコレステロール(悪玉)というやつですダッシュ(走り出すさま)
特徴は常温では固体になり、身体に取り込んで血液中で固まりやすいのです。
・・・
ということは動脈硬化や虚血性心疾患を招く可能性がありますがく〜(落胆した顔)

では不飽和脂肪酸はというと…これはスーパーでも良く見るのではないでしょうか??

不飽和脂肪酸はサラダ油やオリーブオイルで植物性食品や魚油に含まれます。
これはLDLを下げるHDLコレステロール(善玉)といわれる物ですわーい(嬉しい顔)
こちらは常温でも液体の状態なので血液中で固まることは無く、むしろ血管内の血栓をお掃除してくれて血流を良くしてくれます。

ただ、不飽和脂肪酸は2つに分かれます。
一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分かれます。

簡単に言うと
一価不飽和脂肪酸は脂肪になる。
多価不飽和脂肪酸は脂肪にならない「必須脂肪酸」とも言われます。

なのでやはり、これも適度に取ることが大事で取りすぎはあまりオススメできませんexclamation



どうですか?
今日は中々ためになることを書いた気がしまするんるん

しかし、脂肪について語ったらまだまだネタはあるのですが、書ききれなくなってしまいますたらーっ(汗)
また今度、脂肪についての面白いお話しをしますのでお楽しみに〜グッド(上向き矢印)
posted by lahw0418 at 22:31| 東京 ☁| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする