2009年12月06日

トレーニングの効果を上げるには??

先日行なったレーシックの術後の経過が好調で視力が2.0まで良くなったのに、眠くて目がシパシパしている佐藤です。


みなさんGymで家でとトレーニングをがんばっている方が多いと思いますが、中々効果が出ない・・・

って言う方も多いのではないでしょうか??


例えば
腹筋をすると腰が痛くなるっていう人っていませんか?

昨日もそういうお客様がいました。

通常でしたらそこで辞めてしまうか、無理やり続けてしまうか・・・
無理に行なうと怪我にもつながってしまいます。。。

今回は腹筋を例に出して見たいと思います。

まず痛くなる原因はエクササイズの種類にもよりさまざまではあると思いますが、今回はお客さまの姿勢や状態をチェックしたところ背中の筋肉が硬い原因を見つけました。

腹筋のような仰向けに寝た状態から起き上がるトレーニングをする場合は、腹筋が強いことはもちろんのこと背面の筋肉の柔軟性が必要です。

そこが硬いと正しいフォームでは起き上がることができません。(あまりお腹に効かなくなってしまいますが、反動をつければ別です・・・)


通常、腹筋の動きでは身体の前面が縮み、後面が伸びます。


前(腹筋)が縮もうとしたときに、後ろ(背中)がしっかり伸びないと前(腹筋)がうまく縮みません。

なので、こういったタイプの方は腹筋をやる前に背中のストレッチをやることをお勧めします。

昨日の方にも行なったら、最初のセットは「腹筋より背中が痛くてやりず来」と言われたので、少し簡単に説明して背中の筋肉をパーソナルストレッチで伸ばしてから2セット目に入ると・・・


さっきと違いものすごく腹筋に効いた!!

と言っていただいて、あまりにも変化が出て感動してもらえました(笑)


ストレッチとエクササイズを組み合わせたり、バランスが崩れていたら、少し姿勢の調整を行なってバランス使えるように調整してトレーニングしたり、ポイントを伝えて効率の良いトレーニング法と順番をプログラミングすることで、さまざまなやり方や色んな反応を引き出すことができます。

身体の生理学や解剖学などを考慮し、その方にあったベストのメニューを組むことがトレーニングの効果を出すことになりますね!


なのでパーソナルトレーナーがまた必要なんですねわーい(嬉しい顔)



今日は帰りにちょうど雨がやんでよかったのですが、雨が上がったと同時に新宿も人が多く出てきましたあせあせ(飛び散る汗)

<
posted by lahw0418 at 01:05| 東京 ☁| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする