2010年07月04日

structure of 脂肪燃焼

昨日は代々木のセミナーと原宿での懇親会に参加させていただき、夜の懇親会で食べ過ぎてしまい、今日は少し腹痛気味の佐藤ですがく〜(落胆した顔)

201007031756000.jpg


今日はまじめにダイエットネタですexclamation
最近書いていなかったので…

昨日も少しだけ質問があったのですが、脂肪燃焼の「仕組み」について多くの方に誤解が生じている感じでございます。。。

過去にも書いたかもしれませんが
「有酸素運動の開始から20分で脂肪が燃え始める」
という言葉を聞いたことがありますか?



なので運動を始めても「20分以上自転車こいだり走らないと意味がない!!脂肪も燃えない!!」

と、思っていらっしゃる方はたぶん沢山いませんか?


でもこれは言ってしまうと

そんなことないですexclamation


日常の生活でもエネルギーは使っていますよね??
日常生活で使うエネルギーの半分くらい脂肪ですよ!!

なので運動する前でも普通に行動していれば脂肪は使っています。

ということは運動開始して1秒後には脂肪は燃えています。
まぁ効率はそんなに高くではないですが・・・
(有酸素開始時は筋線維内の脂肪も使われはするものの、最初は炭水化物(糖質)がメインで使われているためです)


しかしここにウォーミングアップしてからの筋トレをして有酸素を行う順番にすると効果は抜群exclamation×2
刺激の大きい筋力トレーニングは交感神経が活性化されアドレナリンや成長ホルモンなどのホルモンが分泌されます。

そうしますと、リパーゼというホルモンが活性し、皮下脂肪などの脂肪組織が、脂肪酸とグリセロールという物質に分解され、その脂肪酸が脂肪燃焼所でもある筋肉に運ばれエネルギーとするのです!!

そして脂肪燃焼に至りますひらめき


なので筋トレの後の有酸素は効果は抜群ですexclamation×2
脂肪がガンガン燃える状態になっているので!!

あとはメニューの組み方や初めての方や慣れていない方は強度の設定などわからないことも多いと思います。

そんな時の為にパーソナルトレーナですね 笑


晴れ今週の良かったこと晴れ
晴れ新たにいろんな人と出会えた手(チョキ)
晴れトレーニング調子よい手(チョキ)
晴れ久しぶりに英語の勉強手(チョキ)





posted by lahw0418 at 14:24| 東京 ☁| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする